「赤レンガ市庁舎を活かしたシビックセンターを考える会」の設立にあたって

旭川ゆかりの建築家・佐藤武夫が設計した旭川市赤レンガ庁舎(旭川市総合庁舎)は1958(昭33)年に竣工、 翌年の日本建築学会賞を受賞、2003(平15)年には、近代建築の記録と保存を目的とする国際的な学術組織 DOCOMOMOにより「日本におけるモダン・ムーブメントの建築100選」に選定された名建築です。その壁面を彩るコンクリートと赤レンガのチェック模様は今日まで道北・旭川の景観に独特の趣を添え、永く市民 に親しまれてきました。 しかしながら、年を経て施設の老朽化、狭隘化、特に1997(平9)年の診断では耐震性の脆弱さが指摘され、このままではいずれ解体される可能性もないとは言えません。そうした事情を背景に、市は新たな庁舎を建 設する企画をたて、この程、現庁舎周辺を敷地として新庁舎を整備する基本構想案を策定、市民に対し同案 に対するパブリックコメントを募ったところです。構想案の中には、新庁舎を「市民でにぎわい、親しまれ るシビックセンター」として整備、従来からの機能向上を図ると共に、「市民活動の支援」や「旭川らしさ の発信」を軸に新たな機能を付加するという基本理念が記されています。

私たちは旭川の貴重な文化財である赤レンガ市庁舎を改修・保存して何らかの用途に活用しつつ、新しく創 られる庁舎を適切に配置すること、すなわち新・旧施設を一体的に整備することこそ、成熟した都市の核 (シビックセンター)として相応しい方策だと考えます。市は基本構想を確定次第、新年度に基本計画を検 討することにしていますが、私たちは市民的立場から、赤レンガ庁舎の耐震補強や新庁舎の在り方について 多くの方々の知恵を集め、具体的な解決案を見出すべく本会を設立することといたしました。 主旨に賛同される多くの皆様のご理解とご協力をいただければ幸いです 。 (発起人一同)

【発起人】

大矢二郎(代表)・荒井善則・石田純枝・江口建二・大野仰一・織田憲嗣・上遠野克・角幸博

軽部望・北島浤・工藤稔・齋藤弘源・佐々木司・佐藤孝・澤村尚浩・重綱博美・末木貴茂

田根剛・内藤廣・西澤岳夫・野津弘・野村善雄・秡川正人・藤本壮介・村上博樹・柳雅人

● 今後の活動について

・今後に2ヶ月に1度程度の勉強会、意見交換会、ワークショップ等の活動を行います。

・会の活動は何らかのかたちで記録し、随時提言書として市に提出いたします。

● 会員募集について

・入会申込書にご記入の上、下記事務局までFAX、メール、又はHPの入会申込フォームよりお申し込み下さい。

・会費は無料です(資料代など必要な経費を頂く場合があります)

● 入会申込フォーム

※ 必要事項をご記入の上、入会申込ボタンより送信下さい

「赤レンガ市庁舎を活かしたシビックセンターを考える会」事務局

 公益社団法人 日本建築家協会(JIA)旭川会   http://www.jia-asahikawa.com E-mail:info@jia-asahikawa.com

 TEL 0166-62-8447  /  FAX 0166-62-8484

※ 会員の名簿は事務局が活動の連絡や報告にのみ使用し、個人情報の複写あるいは譲渡などは決していたしません。

© 2015 JP. ASAHIKAWA-JIA All Rights Reserved